イタリアンバイクパーツはあこがれの対象だ。

昔から、イタリア車やドイツ車、さらにアメリカ車はあこがれの対象である。国産車に乗っていても、いつかはイタリア車やドイツ車、アメ車に乗りたいと思っている人は非常に多い。いやバイクに乗れば、必ずそうなると言っても良いかもしれない。日本車が性能では世界一であるのにだ。バイク大国日本に居るからこそ、イタリア車やドイツ車、アメリカ車にあこがれるのかも知れない。おしゃれなイタリア車、質実剛健なドイツ車、ラフなアメリカ車と、そのイメージは三者三様だが、そのそれぞれに熱狂的なファンが居ることだけは間違いない。

これら輸入車は、若者がおいそれと買えるモノでは無い。ある程度の年齢になって、その時にバイク熱が残っていたら、いずれは買おうというのがほとんどだ。ある程度の成功を収めるための目標として、また男のロマンとして、いつかは買うぞ!と思っている人が多いようだ。また、若かりし頃にすごくあこがれたバイクを何とか手に入れたいという人も居る。国産バイクには無い魅力がこれらの国のバイクは持っているのだ。ヨーロッパのバイクは、やはり歴史と伝統が大きな魅力になっていると思う。アメリカ車はその独特の雰囲気が魅力であるはずだ。当然のようにこれらのバイクには千四のパーツが用意されている。ただし、それぞれがかっこいいから、別々に組み合わせても、全くちぐはぐで格好良くはなってくれない。イタリア車にはイタリアのパーツが、ドイツ車にはドイツのパーツが、アメリカ車にはアメリカのパーツがというように、決してそれぞれのバイクとパーツは同時に受け入れないのだ。

そんな中で、バイクそのものは買えないモノの、パーツだけでも楽しみたいと思っている人間も結構居る。特にその中ではイタリアのパーツだ。なんと言ってもイタリアはファッションの街と言われるほどで、パーツそれぞれが非常におしゃれである。ちょっとした小物などをぶら下げて持っていてもおしゃれなアイテムに見えるはずだ。イタリアブランドが大好きな日本女性にとっては、イタリアンパーツを下げている男性は魅力的に見えるはずだ。ひょっとしたらそれだけで持てる可能性もある。それだけおしゃれな雰囲気を引き出してくれるからだ。このイメージはドイツ車やアメリカ車のパーツには存在しない。まさにファッション街、イタリアンバイクパーツだけの特権だと言えるかも知れない。おしゃれなパーツを身につけて颯爽と街を闊歩すれば、人生も大きく変わるかも知れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です